No.61351 オムツかぶれの件まるで短パンを履いているよう

発言者:はなかつみ 発言日:2017/01/26 15:35 返信する 応答をメールで転送

母が認知症を発症して10年経ちます。現在の状態は寝たきりで認知が進み、手足は硬直し、話すこともできず、自分てはまったく何もできません。意思表示ももちろんできません。食事は、ミキサー食です。つい先日、面会に行ったときに、たまたま、オムツを換えてもらっていたときですが、オムツかぶれの酷さに言葉を失いました、肛門から陰部まては真っ黒に、また、その周りは赤黒くなってまたその周りは赤くなっていました。まるで短パンをはいるようにかぶれが広がっていました、
母は有料介護老人ホームに入所しています。かぶれがなくなるまで強く施設側にうったえたいのですがどのように言えばいいでしょうか他に言うこともありましたので強く言えませんでした。ご指導よろしくお願いいたします。

掲示内容について通報する

※この相談の返答受付は終了しました。

発言一覧

▼一覧
 61351: オムツかぶれの件まるで短パンを履いているよう [はなかつみ] ID:ac2qJNSZ 2017/01/26 15:35
新規に相談します

介護家族相談室[ 認知症介護 ]で、新規の相談をする場合は上のボタンを押してください。

回答受付中の相談

2017年9月30日付

アクセスランキング

2017年9月30日付