No.60852 相手を殺す前に、自分が死ぬ前に、まだ選択肢はある。

発言者:ケアマネ・ストロンガー 発言日:2016/07/05 23:25 返信する 応答をメールで転送

母親が施設に入居しないなら。逆をすればいい。本人を残してれんげさん達が出て行く。

残された本人が、サービス利用しなくても生活できるならそれで良し。助けを求めてきても決して手を出さず、命乞いをしてきたらサービス利用をちらつかせる。

生活できないくせにサービスを拒否して死んだなら。それは運命、宿命、寿命。母親を殺すよりも、れんげさんが死ぬよりも、はるかにマシだし正しい選択。

念の為に言っておくが。これは虐待ではない。介護者がストレスによる自滅を回避しただけ。その後に必要なサービスの手配や、可能な範囲での扶養に協力したなら、その限りではない。在宅介護を考える上での最優先事項は、共倒れ回避。その為だったら、何を犠牲にしても構わない。

この内容はあなたにとって【参考】になりましたか?はい  掲示内容について通報する

※この相談の返答受付は終了しました。

発言一覧

▼一覧
 60849: 物盗られ妄想はいつまで? [れんげ] ID:2Zrf6cXj 2016/07/04 13:00
 ├◇60852: 相手を殺す前に、自分が死ぬ前に、まだ選択肢はある。 [ケアマネ・ストロンガー] ID:jSPC0fRV 2016/07/05 23:25 評価
 └◇60861: Re: 物盗られ妄想はいつまで? [ねこ] ID:Keliw7hI 2016/07/07 19:51 評価
新規に相談します

介護家族相談室[ 認知症介護 ]で、新規の相談をする場合は上のボタンを押してください。

回答受付中の相談

2017年9月30日付

アクセスランキング

2017年9月30日付