No.31414 家族との諍いで、過去にPTSDになり、今度は医療事故で重篤な欝による自虐行為に発展した。

発言者:キミアキ 発言日:2010/04/24 16:01 返信する 応答をメールで転送

 某私立病院での脂肪腫摘出術の術後のケアーが酷く、右膝の靭帯損傷が疑われている状況です。某大学病院で診察され26日に結果が出るのですが大変憂鬱です。2週間ほど前から刃物に吸い寄せられ昨日自殺未遂をしてしまいました。昨夜は、発見が早かったため傷の手当と警察の保護房で一夜を明かしました。その後、家族が迎えに来ました。でも症状は強弱の繰り返しです。
 本日PTSDでお世話になり今でも通院している心療内科の先生に叱られました。整形外科で通っている某大学病院の精神科に心療内科の先生から紹介状を出しますから、26日に外来で診察を受けて下さいと言われました。。紹介状には、入院依頼と諸症状が書かれていてます。
 15分に1回ほど鋏を握ったり、カッターを持っていたり自虐行為に走っています。今日の夜が怖くてたまりません。もう人生に終止符を打ちたいだけです。約7年前の交通事故と今回の医療事故による体調不良は、全て他力によるものです。本当に死にたいだけです。

掲示内容について通報する

※この相談の返答受付は終了しました。

発言一覧

注目キーワード

注目キーワード(2016年10月5日付)