No.53695 Re: ペニシリンが効かない菌という意味(バンコマイシンなどは効く)

発言者:げた 発言日:2013/03/31 07:48 返信する 応答をメールで転送

MRSAの解釈としては、抗生物質ペニシリンが効かない菌ってこと。
昔はペニシリン耐性菌(PRSA)だったのが、それに対抗できる
新しい抗生物質(メチシリン)などを開発したけれど、
今度は、菌のほうが進化して、それらがどっちも効かない耐性菌が
出現してきたと。

他の抗生物質の、バンコマイシンなどは効くから、
病院側も対策は考えて治療などを進めていくってことでしょう。

適切に対応できてるなら、心配しすぎるほどでもないのかも。

MRSAって、病院に好んで棲みついてるって話もあるくらいだし。
(他の菌は病院などでは殺菌されてるから、こいつらの天下ってわけ)

ペニシリンも第二次大戦頃からの薬だから、何十年も使われてて、
MRSAみたいに耐性菌が多くなっても仕方ないところかも。

胃炎などの時に、ピロリ菌の除菌を病院がやってくれる時は、
2週間くらい、ペニシリンその他を飲み続けたりします。
今でも、ペニシリン系の抗生物質も有用な薬です。
耐性菌のピロリ菌の人だと、抗生物質の種類変えていたり)

バンコマイシン耐性菌(VRSA)のように、
新しく出ているほうの抗生物質耐性菌のほうが怖いってところでしょう。
ペニシリンもメチシリンも効かないし。

まあ、おだいじにです。このあたりは、祈るくらいしかないんでしょう。
(NASAでも、隕石対策は、祈るしかないって言うくらいで)

MRSAは毒性や病原性は弱いから、怖がりすぎるものでもないです。
正しく怖がって、正しく対策でしょうね。

健康な人だったら、体や皮膚表面のあちこちにくっついてるような
菌なんだし。ブドウ球菌(SA)などは、そういう菌だから。

この内容はあなたにとって【参考】になりましたか?はい  掲示内容について通報する

※この相談の返答受付は終了しました。

発言一覧

▼一覧
 53682: 検査後MRSAと言われました。 [青木] ID:ARFcg9JK 2013/03/30 12:09
 └◇53695: Re: ペニシリンが効かない菌という意味(バンコマイシンなどは効く) [げた] ID:gTMnWItR 2013/03/31 07:48 評価
新規に相談します

就職・資格志望相談室[ 志望者なんでも相談 ]で、新規の相談をする場合は上のボタンを押してください。

回答受付中の相談

2017年7月9日付

アクセスランキング

2017年7月9日付