No.56567 Re: 介助の仕方

発言者:はてなのマメ 発言日:2014/01/27 15:52 返信する 応答をメールで転送

靴を履く介護を行う場合、介護者は腰痛防止のためにしゃがんだ姿勢が用意と思います。

履かせ方については、以下のとおりです。

マジックテープが有る靴の場合 

●テープ部分が、開けられるので、横幅も広くなり、はかせやすいでしょう。
 
●マジックテープ部分を、開き、内側の部分も広げ、足を入れやすいようにします。

●片方の手で、くつの底を、もう片方の手で、足首を持ち、つま先から、入れていきます。

●かかとまで、しっかり入れ、安定した事を確認して、テープを留めます。

マジックテープが、ない場合

●柔らかめの素材の方が、はかせやすいでしょう。

●片方の手で、くつの底を持ち、もう片方の手で、足首を持ちます。 つま先から、かかとまで滑らしてはける様に、手首を動かします。

●かかとの部分になったら、くつ底の方の手も押し上げ、完全に入った事を、確認します。





 

この内容はあなたにとって【参考】になりましたか?はい  掲示内容について通報する

※この相談の返答受付は終了しました。

発言一覧

▼一覧
 56554: 介助の仕方 [カッパパ] ID:npS47bve 2014/01/26 02:21
 └◇56567: Re: 介助の仕方 [はてなのマメ] ID:PFN9fGBd 2014/01/27 15:52 評価
新規に相談します

介護家族相談室[ 介護の方法 ]で、新規の相談をする場合は上のボタンを押してください。

回答受付中の相談

2017年9月30日付

アクセスランキング

2017年9月30日付