No.50035 放射線の副作用

発言者:太郎 発言日:2012/08/23 10:49 返信する 応答をメールで転送

60歳男 7年前下咽頭がん、頸部食道がんになり放射と化学療法で治癒しました。その後放射の副作用嚥下咀嚼機能喪失で障害者3級で当初より胃瘻です。3年前から食道狭窄で検査の時点で治療不能です。
相談は飲み込みできないためのどにたまる唾液など引っ切り無しにしてる吐きだし、吸引が息苦しく体力的にもかなりつらいこと。夜のどがカラカラに渇き6回位起きて口を潤し、そのたびに吐きだしすること。(毎日寝不足)飲み込みできないため常に脱水ぎみ(点滴)なこと。吐きだし、吸引不整脈動悸、息切れになり内科に通院中です。 主治医に頸部食道再建を依頼したが放射のため術後合併症の危険ありで手術は止めたほうがよいと言われ他の大学病院でも同じようなことを言われました。今のままでは毎日が辛いだけです。
何かいい治療法はないでしょうか。

掲示内容について通報する

※この相談の返答受付は終了しました。

発言一覧

▼一覧
 50035: 放射線の副作用 [太郎] ID:8k6kyUdd 2012/08/23 10:49

注目キーワード

注目キーワード(2016年10月5日付)

新規に相談します

高齢者/健康・生活相談室[ 病院・医者・治療探し ]で、新規の相談をする場合は上のボタンを押してください。

回答受付中の相談

2016年1月23日付

アクセスランキング

2016年1月23日付