No.60819 地域包括支援センターは、事業所を指導監督する機関ではない。

発言者:ケアマネ・ストロンガー 発言日:2016/06/18 09:37 返信する 応答をメールで転送

利用者や事業所からの相談を受けたり助言はするが。

サービス提供事業所のケアマネへの不信感が大きいなら。そのケアマネからの依頼を断ればいい。介護保険措置ではなく契約。利用者は依頼する居宅介護支援事業所やサービス提供事業所を自由に選べる。同様に、居宅介護支援事業所も、利用者の計画作成を受けるかどうか、どの事業所に依頼をするかは自由。サービス提供事業所も、居宅介護支援事業所の提供依頼を受けるか、利用者の依頼を受けるかは自由。

お互いにそこまで不信感があるのなら。サービス提供事業所か居宅介護支援事業所のどちらかが、このケースから降りればいい。


もし、うちに相談がきたら、こんな助言(指導じゃない)をする。

この内容はあなたにとって【参考】になりましたか?はい  掲示内容について通報する

※この相談の返答受付は終了しました。

発言一覧

▼一覧
 60817: 包括支援センターより介護事業所より苦情として取り上げられた [デマチン] ID:0AVe/2pg 2016/06/18 08:00
 └◇60819: 地域包括支援センターは、事業所を指導監督する機関ではない。 [ケアマネ・ストロンガー] ID:DyACOTdj 2016/06/18 09:37 評価
新規に相談します

介護プロ相談室[ ケアマネジャー ]で、新規の相談をする場合は上のボタンを押してください。

回答受付中の相談

2017年7月9日付

アクセスランキング

2017年7月9日付