No.57122 『アリとキリギリス』の教訓は、自業自得の人間には死ぬ義務があるという事。

発言者:ケアマネ・ストロンガー 発言日:2014/04/23 22:42 返信する 応答をメールで転送

>自負負担がないので、可能な限りケアに入れるため、

サービスを利用する理由は、『必要かどうか』。生活保護という理由で上限単位一杯までサービス利用がされているなら。その計画を立てているケアマネが屑。



>たばこの吸い殻やお酒の空き瓶で散らかりまくった
>足の踏み場もないワンルームの部屋。

喫煙者や過度な飲酒を繰り返す輩に、医療保険介護保険を使わせないよう、制度を見直した方が良い。



>自分でしなければならない毎日の雑事まで、すべて丸投げ!

そんな計画を立てるケアマネが屑。そんな糞のような計画を立てるケアマネの依頼を、サービス提供事業者は受けちゃ駄目。



>特に父は国民年金受給者ですので、生保よりもらっている額は少ないです。
>頑張った者が馬鹿をみているような気がします。

だから生活保護の給付額や基準を見直せというのはお門違い。見直すべきは、年金の給付額。



>いわゆる生保男性はただ本能のまま、好きなように生きて
>納税や社会保険料の支払いなどの義務はほっぽり出し!
>自分が困ったら、後は国や国民に丸投げ。
>これを許す生活保護制度は絶対に間違っていると思います。

生活保護制度が悪いのではない。税金や保険料の滞納を許している状況や、不正受給を罷り通らせている状況が悪いだけ。不正受給者がいると、直ぐに『基準を厳しくしろ』という短絡的な意見が出るが、本当は、『現在の基準を厳正に適用させろ』というのが正しい。基準自体を見直すのはその後。それが出来ないなら、基準を厳しくしても、同じ事の繰り返し。



生活保護制度を受けている方も医療費、介護費用は支払うべき!

そりゃ無理でしょ。支給されている受給額が、ギリギリの金額なのだから・・・



>たばこやお酒、ギャンブルに流れるような現金給付ではなく、
>最低生活必需品の配給制度にすべきだと思います。

それはやり過ぎ。人によって購入したい物品は違うだろうから。例えそれが生活必需品であっても。多少の飲酒は別としても、喫煙やギャンブルしてたら、不正受給で検挙って方が良い。



>どうして、日本は生活保護の方に甘いのでしょうか?
>生保は医療費だってタダですよ。

生活保護の制度が拙いのではない。一部の不正受給を許すような、運用の仕方が拙いだけ。



>割り切るための気持ちの切り替え方など教えてください。

不正受給者や、不摂生の限りを尽くしながら医療保険介護保険を使ってる不届き者は、『早く(苦しんで)死ねばいいのに』と、お星様に祈ってる♪



※ 俺は不要なサービスを入れるような計画は作成しない。

この内容はあなたにとって【参考】になりましたか?はい  掲示内容について通報する

※この相談の返答受付は終了しました。

発言一覧

▼一覧
 57115: 割り切れない! [ベランダ] ID:97llkHK7 2014/04/23 15:31
 ├◇57122: 『アリとキリギリス』の教訓は、自業自得の人間には死ぬ義務があるという事。 [ケアマネ・ストロンガー] ID:KVl3s8vQ 2014/04/23 22:42 評価
 └◇57131: Re: 割り切れない! [こんいちは] ID:jIVVFQQn 2014/04/26 01:16 評価
新規に相談します

介護プロ相談室[ 在宅介護プロ相談 ]で、新規の相談をする場合は上のボタンを押してください。

回答受付中の相談

2017年9月30日付

アクセスランキング

2017年9月30日付