旧生活保護法

1946年に制定された無差別平等の原則、国家責任の原則、最低生活保障の原則という3原則に基づいた、国の直接責任によって行われる公的扶助制度のことをいいます。そのため国は単に費用による財政援助だけではなく、国家が法上の事務を担うべきでしたが、実施機関は地方公共団体および市町村長でした。実質的には民生委員が補助機関として規定されており、公私分離の原則に反するなど不完全なものでした。その後、いくつかの問題点をふまえ、1950年新憲法の基で現生活保護法が成立しました。

注目キーワード(2018年11月13日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。