GPSを利用して高齢者介護のリスクを減らす方法 | lfqycjtcのブログ日記 [介護110番 介護コミュニティ]

介護110番
ようこそゲストさん  あなたの〈知識〉〈体験〉〈思いやり〉で、みんなの質問/悩み/相談に答える!介護コミュニティにご参加ください! | ログイン/マイページ

GPSを利用して高齢者介護のリスクを減らす方法

08月18日 15:43
祖母を介護した時には、GPSのおかげで、
大幅に家族の負担を軽減することができ助かりました。

祖母には徘徊癖があったので、
夜中に勝手に外出して徘徊することも日常茶飯事でした。
そのため、家族は祖母の行動に集中していなければならず、
常に気が休まらない状態だったのです。

GPSを利用してからは、祖母が家から出ようとした時点で
スマホに連絡があるので、
徘徊を未然で防ぐことができるようになりました。
スマホ以外でも、パソコンや携帯電話から
現在位置の確認ができる機能が便利で、
働いたり用事を済ませながら祖母の状態を見守りました。

また、家族が寝ている夜中に
祖母が徘徊に出かけてしまった時も、
追跡機能を使って直ぐに発見できました。
現在位置検索の精度は誤差が
1メートルから3メートルと非常に高く、
追跡機能の正確さには驚かされました。

徘徊以外でも、現在位置機能を使えば
動いているのか一カ所に留まっているのかが分かるので、
起きているはずの時間なのに動いていない場合は
電話して安否確認するなど、
遠隔地に住む高齢者介護にも有効です。

GPS端末は非常にコンパクトなため、
靴の中に取り付けても全く違和感がなく、
監視・追跡対象にしたい高齢者にも気づかれにくいです。
del.icio.us に登録

コメント

コメントはありません。

コメントを書く

(匿名・ニックネーム可)