No.61426 本音は苦しいです。家族は皆、介助が必要。

発言者:ココナツ 発言日:2017/02/26 04:52 返信する 応答をメールで転送

もともと両親ともに精神的な病気がある中で育ち、父はすでに他界しています。

母は精神障害者の中で知的障害が後に発覚しましたが、特に母との関係性も変わらず、母の不得意とする場面の全面フォローや、問題が発生した時も、身体障害の面もケアしてくれている方との連携をはかりながら過ごしています。私にはきょうだいもおり、先天性の知的障害があります。

ゴミ屋敷に住み、父の暴力を受けながら母やきょうだいのフォローを常にするのが幼少期から当たり前の環境の中でしたが、私自身にトラブルや辛い事柄があった時の助けはもらえることも無いまま(学校や警察などの大人など)、
自身のあまりの無知さゆえに、数えきれない程のイジメや人格否定され続ける中で過ごしていたこともあり、守られた経験も無く、助けを求めても叩かれ 保身により見放され、誰かに自分事を相談することも無いまま現在にいたりました。

それでも今までは困ることなくいつもの流れでしたので、トラブルなんかには とにかく頑張って1人でいっぱい考えて失敗もしながらなんとかやり過ごしてきました。

あきらめていた結婚に恵まれた時は、誰かに寄りかかっても良い環境があることを知ることが出来ましたが、間もなく配偶者の異変にも、「性格の問題だろう」と、いち早く気づいてあげることも出来ないまま妄想幻覚が激しくなっていき生活が破綻状態に。そして統合失調症という病気を初めて知り、陽性症状の激しい配偶者は入院してしまいました。
そして私は妊娠していました。

のちに退院。陽性症状は鎮火していましたが、激しい陰性症状で生活など出来るはずもない状態での退院にどうして良いかわからないまま、配偶者の症状が 私以外の人間が関われない状態で、病院との話合いを重ね、出産や今後の生活などを考え、長年の職場も辞職することとなり、現在にいたります。

小さな我が子の育児。配偶者の常時看護に、引き続いている家族の「助けて。わからない、どうしたら良い?もうやだ。私なんて、私だけなんで…」コールへの家族としての対応や、週2でケアしていただいてる方とのお話や協力。睡眠をまともに取れたのはいったい いつだっただろう。
自分の為の時間、気楽にコンビニ外出、
私も誰かに助けてもらえたら。言葉だけでもいい。甘えてみたい。優しさをあじわってみたい。そんな思いの中、
子供のママさん達には家庭事情など話すことなどあるわけもなく、「働かないのは羨ましいかぎり」と妬まれ感情すら見え隠れ、
介護と言えば「代替えがあるではないか」「頼ればいい」

こればかりは 介護看護経験しているものにしか わかり得ないものなのだな、と痛感です。

精神障害は 悲しいですが偏見も多くて辛いなか 症状も個々違う経路をたどり、一見 少しの触れ合いだけでは健常の方との変わりは感じなく、知り得ることが出来ない病状の方もいます。けれどそれを説明する事も簡単ではないし とても安易に人には話せない。
だから他者との関わりじたいが恐ろしく感じてしまっている家族である自分を どうにかしなければならないと思いながら、浅い人付き合いを心がけています。
こんな私に どなたか励ましをもらえないでしょうか。。。
絶対そんなことはしませんが、本音は辛くてもう消えてしまいたいのです。

掲示内容について通報する

上記の相談に返信

返信の上手な書き方

介護応援談(会員)の方はこちらからログインしてください。介護応援談にログイン

発言一覧

▼一覧
 61426: 本音は苦しいです。家族は皆、介助が必要。 [ココナツ] ID:PzQcvo/Y 2017/02/26 04:52
 ├◇61428: 励ましよりも簡潔かつ具体的なアドバイスを。 [ケアマネ・ストロンガー] ID:U3Z8Ew8l 2017/02/26 20:22 評価
 └◇61436: みんながすがりついていく苦痛 よくわかります [みその] ID:m790ZxxF 2017/03/01 12:00 評価

注目キーワード

注目キーワード(2016年10月5日付)