No.52855 Re: 実務経験について

発言者:(´・ω・`) 発言日:2013/02/19 08:17 返信する 応答をメールで転送

雇用契約書を確認すると、看護助手として採用され、
その看護助手の業務内容の記載がされていると思います。

記載内容の一番先頭に、介護業務が明記されているかどうか。
看護師補助業務、環境整備、メッセンジャー業務等が先に書かれて
いる場合は、主たる業務は介護ではなく看護補助業務となります。
看護助手の採用でも、入院患者様の入浴・排泄食事介助業務と
書かれているなら、主たる業務は介護となります。

看護助手の仕事は、看護師補助業務と看護介護業務の二つがあり
後者の看護介護が患者さんの身の回りの世話になりますが、後者の
業務が主体となり、補助業務は間接的であるなら実務経験として
認められますが、逆だと認めてもらえません。

<受験資格となる施設・事業>
•指定介護療養型医療施設療養病床等に限る)
•老人性認知症疾患療養病棟
介護力強化病床により構成される病棟または診療所
•精神病床により構成される病棟または診療所
•療養病床により構成される病棟または診療所
•一般病床により構成される病棟または診療所(その他の病床であった期間を含む)

※日勤の1日が殆ど環境整備、早出は一日メッセンジャー業務となると
排泄などは間接的に行っているだけと見做されてしまうので、
主たる業務は介護ではなく看護師補助になってしまいます。

過去にも同様の質問があったような記憶がありますが、看護助手として
働くのであれば、主たる業務は介護になるのか、実務経験になるのか
入職する時点で確認される事をすすめます。

この内容はあなたにとって【参考】になりましたか?はい  掲示内容について通報する

※この相談の返答受付は終了しました。

発言一覧

▼一覧
 52695: 実務経験について [なみこ] ID:ecGAD3Q/ 2013/02/09 00:05
 └◇52855: Re: 実務経験について [(´・ω・`)] ID:d5cQGm07 2013/02/19 08:17 評価

注目キーワード

注目キーワード(2016年10月5日付)