No.61347 転倒を防止するには?

発言者:フィフティ 発言日:2017/01/25 10:09 返信する 応答をメールで転送

認知症糖尿病を患っている83歳の母親についての相談です。

介護付き高齢者住宅に暮らしていますが、2015年に入居直後に糖尿病を発症し入院。退院後も現入居先で生活を続けています。
現在、訪問介護訪問看護訪問診療のそれぞれのサービスを受けていますが、居室内での転倒によるケガ(主に頭部)が目立って来たので 別施設への転居(特養有料老人ホーム)を検討しています。

新しい居宅が決まるまでは現在の居宅で生活しなければなりませんが、現在の住環境があくまで「介護付きの住宅」なので、介護者の見守り頻度が少なく 1人で居室にいる時間内に 居室内で転倒してしまうことが多くなりました。
主に頭部への打撲が目立ちますが、現在のところ脳機能に対する直接的なダメージは生じていないようです。転倒時には その都度、医療者に対応してもらっています。
認知症の症状もあるため、日常生活の中で意識がはっきりしない時もあるため 厳密な影響の可否は不明)

糖尿病によるインスリン投与の治療も受けているので 転倒して意識に影響が出ると投与が受けられず、健康に大きな影響が出てきてしまいます。
そこで、どんな転倒防止策が考えられるのか 相談させていただきたいと思います。

・歩行状態
施設内での移動には歩行器を利用しているが、自分ひとりで操作することがほぼ不可能です。
居室内では前かがみ姿勢で 不安定感のあるヨロヨロした歩き方になっています。も提供したが、使いたがりません。
起立については ベッドからの立ち上がりに問題があり、ひとりで起き上がるのが困難な時があります。ベッドにフェンスはついていません。

・居室内の床
木のフローリングになっています。以前は布のラグを敷いていましたが、歩行器を導入したことで段差ができる とケアマネジャーからのアドバイスがあったため ラグは外してしまいました。実際には ラグを外した後の方が転倒によるケガが増えていますが、ケアマネジャーには対応策が見つからないようです。

排泄
常時トレーニングパンツを着用、排泄介護者のサポートが不可欠です。便秘がちなので 下剤浣腸も比較的 使われています。

・転倒の原因
前述のように介護者が付ききりの状態ではないので、何が原因なのか目撃できていません。
時間帯としては 起床後、午前中に発生しているようです。

・靴
現在は転倒防止用の介護シューズは使用しておらず、普通の運動靴を履いています。

・日常生活のスケジュール

週に2回 デイサービスに通所しています(インスリン投与と入浴を含む)
それ以外の5日は居室内での生活です。毎日 昼ごろに訪問看護サービスが入り 糖尿コントロールや排泄確認を行っています。

・現在 処方されている薬

テネリア錠 20mg 1
バルサルタン錠 40mg 1
アムロジンOD錠 2.5mg 1
毎日 朝 一回

シュアポスト錠 0.25mg
マグミット錠 330mg
毎日 朝夕 一回ずつ

テトラミド錠 10mg
コントミン糖衣錠 25mg
ツムラ抑肝散エキス 2.5mg
毎日 夕 一回

グリセリン浣腸

掲示内容について通報する

上記の相談に返信

返信の上手な書き方

介護応援談(会員)の方はこちらからログインしてください。介護応援談にログイン

発言一覧

▼一覧
 61347: 転倒を防止するには? [フィフティ] ID:bYsUrXaY 2017/01/25 10:09
 └◇61350: 本人自身の生活形態を変えない限り、特養でも転倒は続きます。 [ケアマネ・ストロンガー] ID:DyACOTdj 2017/01/26 14:09 評価
  └◇61360: Re: 本人自身の生活形態を変えない限り、特養でも転倒は続きます。 [フィフティ] ID:yeyX4ArR 2017/01/31 01:38 評価
新規に相談します

介護家族相談室[ 介護の方法 ]で、新規の相談をする場合は上のボタンを押してください。

回答受付中の相談

2017年7月9日付

アクセスランキング

2017年7月9日付